ウイルス対策ソフト Windows 10 (1803) 対応について

2018年5月1日(火)にリリースされた Microsoft Windows 10 Spring Creators Update (1803) について、FUJITA-NET(学内LAN)で提供するウイルス対策ソフトの Windows 10 (1803) 対応についてご案内致します。

Windows 10 (1803) へアップグレードする際は、事前に以下の手順を実施ください。

対応バージョンについて

提供ソフトウェア 現行バージョン Windows 10(1803)対応バージョン
McAfee Agent 4.8.0 5.5.0
McAfee VirusScan Enterprise 8.8.0 Patch 10 8.8.0 Patch 11

バージョン確認、およびバージョンアップ手順については以下を参考に実施してください。

対応バージョンの適用について

現在提供しているウイルス対策ソフト McAfee VirusScan Enterprise 「Patch 10」は Windows 10 (1803) に正式対応しておらず、「Patch 11」へ更新する必要があります。

すぐに Windows 10 Spring Creators Update (1803) をご利用されたい方

現時点では「Patch 11」への更新は、McAfee ウイルス対策ソフトの再インストールを各自で実施いただく必要があります。

1.インストール済みの McAfee ウイルス対策ソフトのアンインストール
2.McAfee ウイルス対策ソフトのインストール

それ以外の Windows PC を利用されている方

最終的には McAfee ウイルス対策ソフトを利用される全ての Windows PC で「Patch 11」への更新が必要になります。 1ヶ月ほど後を目処に自動的に更新する準備を進めております。実施できる目処た立ち次第ご案内させていただきます。

問い合わせ先

医療情報システム部 ネットワーク管理課
 TEL: 0562-93-9382 (内線 9382)
 E-Mail: noc-staff@fujita-hu.ac.jp